キャッシングをするにあたって必要な利息とその相場

キャッシングを利用するにあたって、一般的に消費者金融やカードローンのキャッシングの利息は審査が厳しい金融会社ほど低いのが相場です。
特にカードローンのキャッシングの場合、利息の上限が年利15%以下という所も有ります。
ただしそういう会社の場合審査が厳しいだけでなく、審査に時間がかかり融資まで一週間ほどかかる場合も有ります。
即日審査で即日融資してくれるキャッシングは、金利が最高年利で18%前後が相場です。
審査が早いという事は、いくら信用情報を確認して審査していても、細かいところまで確認しきれないので貸し倒れる率が金利が高い会社ほど返済遅延や自己破産で融資したお金を回収できない分を金利が高い事で補うシステムになっています。
キャッシングは保証人も担保も不要な資金調達方法なので、審査を厳しくした場合は金利が低く出来ますし、審査時間が早い場合は金利を高めに設定することが金融会社としての常識的な運営法といえます。
キャッシングで借りる側としてはもっと利息を下げてほしいのは山々ですが、保証人も必要無く担保も必要が無く、借金が出来る方法は他にはありません。
その事を考慮に入れれば、利息制限法の上限に近い金利でも適正な金利といえます。
あくまで緊急にお金が無い時に少額借りる事が目的な融資なので、多少利息が高くても短い間で完済すれば生活に大きな負担にならずに済みます。
年利だけを見ると高い感じがしますが、融資スピードを考えれば十分価値に見合うものといえます。